忍者ブログ
どうやら漫画紹介blogになりつつあるという現実
2017.12.18
#
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.10.04
#275

そういや最近海見てないなぁ、と思い、唐突に江ノ島へ行くことにしました。
一応小田急江ノ島線沿線に住んではいるんですが、普段藤沢より先に行くことが無いからなぁ…。
そんな訳で、とりあえず終点の片瀬江ノ島まで乗車。

本来ならばここで海をしばらく見て帰る予定でした。
…しかし!
橋の途中の遊覧船乗り場の看板に「本日運航」の文字が。
前回(4年ぐらい前だったか)に行ったときは残念ながら運休だったので、今回は乗るしかない! と決意し、反対側の船着場がある岩屋まで行くことに決めました。

江ノ島というと橋を渡ってすぐのところの魚屋や土産物屋をイメージされる方も多いかもしれませんが、岩屋があるのは島の反対側。
行くのはちょっとした山登り気分です。
江ノ島エスカーもあるのですが、前に一度乗ったことあるし、こんな行き当たりばったりで350円払うのもなんなので今回は徒歩で。

40分程歩いて、岩屋に到着。
長い年月をかけて波によって侵食された洞窟の中を、ろうそく1本で照らしながら歩いていくというのは今も昔も変わらず。
怖いです。
先に誰もいないという孤独感を感じるのは…。まぁ一人で行ったせいでもあるんだが。
かつて多くの行者が修行に訪れた理由も分かるような気がします。
パワースポットという言葉はあんまり信じないのですが、いつもと違う気分にさせてくれる場所だとすれば、この岩屋がそれかもしれない、と思ったり。

暗い岩屋から光あふれる外界へ。
…と、しばらく海を眺めていたら、船着場のおじさんが看板を片付け始めた!
何かと思ったら「波が高くなったから今日の運航はもうすぐ終了する」そうで。危ないところだった!
すぐに運賃(400円)を払って、乗船。
遊覧船とはいうものの、漁船を改造したようなシンプルな造りですね。
そんな訳で、慌しくもありましたが江ノ島を後にしたのでした。

最後に、片瀬海岸から。
海を眺めながら物思いにふけるって、幸せですね。
そんな気分。


磯浜の岩と太陽と。
F902iSのカメラで撮ったのですが、個人的にお気に入りの1枚。

売店にあった「がんばれ!運転士」(のちの「電車でGO!旅情編」)はご健在でした。
興味のある方はどうぞ(笑

拍手

PR
コメント
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
漫画紹介について
漫画紹介データベース
このサイトで紹介している漫画の一覧表。記事へのリンクあり。
テンプレートについて
漫画紹介で使用しているテンプレートについての解説。
Profile
Webmaster: あおいびと◆kLyLn7ACTY
(旧名: 青い快速)
email: moterjin(at)gmail.com

第2回2ch全板トーナメント・鉄道板選対の残党。
現実世界では何かを計算する方法を探している模様。でも難しい。
あとは鉄道とか音ゲーとかまんがタイムきららとかスーパーベルズとか…。
  √^~β
  ( ゚д゚)
  ,ノ ヽ ヽ
  > >
Twitter
自己主張
2010.11.10現在
<IIDX18 Resort Anthem>
 カードネーム: DJ R.AK2Y
 IIDX ID: 9126-2300
 段位: SP 九段 [88%]
<ポップン19 TUNE STREET>
 カードネーム: r.AKTY
 キャラ: ナズナ&スズナ(2P)
 ポプともID: 2256-1014-3206
<DDR X2>
 カードネーム: R.AK2Y
 DDRコード: 1108-5677
 ダンスドリル: SP LV11
pixiv
最新コメント
[10/02 紅玉国光]
[06/30 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[12/28 ---]
[09/28 koba]
[09/11  ]
[08/30 来島ゆう]
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 青い留置線・改 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]