忍者ブログ
どうやら漫画紹介blogになりつつあるという現実
2017.09.25
#
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010.12.30
#540

いよいよ2010年もあと2日を残すのみ。
このblogでは、今年も少なめではありますが、「まんがタイムきらら」連載作を中心とした4コマ漫画を紹介してきました。
実は読んだけど紹介しそびれた作品もいくつかあるのですが、それはいつか機会があれば…。
今回はその中から、これはオススメ! と思える作品を、(個人的な好みに基づいて)紹介していきたいと思います。
それでは、参りましょう!

うぃずりず(4) (2月発売)
この作品はきらら本誌の中では長期連載の部類にあたるんですが、今ここで改めて紹介したのは何故かというと、ストーリー展開に大きな変化が訪れたから。
元々この作品は、異国から来た少女・リズが何故か日本人以上に日本文化に精通している、というギャップを楽しむ作品でした。
しかしストーリーが進むにつれて、リズの出生との関連を匂わせるような人物が登場。
今まで通りのコメディタッチは続けながらも、少しずつリズの過去に関して伏線が張られていくわけなんです。
そして終盤に近づくにつれ、その伏線はひとつひとつ回収されていき…。
この辺の流れに無理が感じられないのがすごい。ストーリーの流れが綿密に計算されてるんですね。
来年早々に連載は完結予定。単行本最終巻にも、期待が高まります。

超級龍虎娘(2) (4月発売)
まんがタイムきららMAXでの連載作品で、こちらは2巻完結。
しがない漫画家の青年が、巻物から現れた女の子やアイドルの元カノに翻弄される…とだけ書けば普通のラブコメのように見えますが、これがしっかりギャグ4コマしているんです。
ラブコメにはとても似合わないような武骨なオッサンが唐突に乱入してきたりする展開もあり、おバカなギャグ要素満載。
これを全て丁寧な萌え絵柄でやってくれるというのがポイント高め。
この作者はもっと評価されてもいいと思うのですが。是非とも新連載を希望!

はとがいる (5月発売)
シュール。これに尽きる。
はと恐怖症の女の子・はっちゃん、その友人ではといじりが趣味のよっちゃん、そしてはっちゃん大好きなはと達の応酬。
1話読み終わっても、何かもやもやしたものが残るんです。絵柄もどこか無気力的なものが漂ってくる感じ。
とにかく掴みどころが無くて上手く言い表せないけど、これが不思議とクセになる。そんな作品です。

せいなるめぐみ(1) (6月発売)
荒井チェリーさんの作品といえば、常識人の皮を被った変人キャラ、毒のあるセリフ、そして色々な意味で立たないフラグの数々。
本作のヒロイン・聖ちゃんはまさにそういうキャラで、地元の名家のお嬢様ながら内面は庶民派(しかも男前)、自分を子供の頃から育ててくれた恵さん(男)にご執心。
勉強も日常生活も、全てが恵さんのためで動くその姿勢は、幼馴染みのひよりちゃんにも呆れられ気味。
一方で、聖ちゃんに想いを寄せる光正君の気持ちは全く伝わらず、彼のヘタレ男子っぷりは増える一方…。
あと、外面は奥ゆかしい大和撫子だけど、何故か百合少女になってしまった乙女ちゃん。(笑
こういった一癖あるキャラ達が織り成す、少し(すごく?)ズレた日常を描くのがこの作品のメイン要素。
4人のすれ違いっぷりを存分に楽しめます。
しかし作中、たまに彼らそれぞれの複雑な背景が垣間見えるんです。
みんな複雑な過去を持っているけど、今はこうして楽しい生活を送っている。それがこの作品を味わい深くしていると思うのです。

2-Aの魔法使い(1) (7月発売)
今年は竹書房のweb4コマ「まんがライフWIN」からも、色々な作品が単行本化されました。
これはその中でも、web4コマのレイアウトの自由度を活かした特徴的な作品。
1ページに4コマのルールは守りつつ、その中のコマ割りはまったく自由。
ヒロインの魔法少女・風花ちゃんの活躍するかわいい姿を、余すことなく堪能できます。(笑
ストーリー漫画の迫力と、4コマ漫画特有のコメディ的な展開を両立した意欲作。オススメします。

ねこみみぴんぐす(2) (10月発売)
まんがタイムきららキャラット連載作品で、2巻完結。
ねこみみ付きの卓球部員の女の子・小春ひよりが、非力ながらも地区大会上位にまで上りつめ、奮闘する姿を描く作品です。
この作品の特色は、いわゆる「スポ魂」的な熱い展開と、最近の萌え4コマらしいほのぼのギャグ展開の共存というところでしょう。
卓球の腕はまだまだ未熟だけれど、一勝を勝ち取るために練習に試合にひたむきに打ち込むひより。
一方で、普段は友達にねこみみのことでいじられながらも、マイペースに(デフォルメ絵柄で)過ごすひより。
この急激な温度差、実に魅力的です。

以上、今年のオススメ4コマをいくつか挙げてみました。
拙い文章でしたが、いくらかでも興味を持ってくだされば幸いです。

「きらら」系列では、今年は「けいおん!」を始めとして多くの作品が連載終了し、新連載作品が次々と登場するなど、入れ替わりの激しい年だったように感じます。
お馴染みの作品群と、ニューフェイスの作品群。果たして来年はどんな作品が我々を楽しませてくれるのでしょうか?
引き続き多くの作品を追っていきたいと思いますので、来年もよろしくお願いします!
そしてこの記事で4コマ単行本100記事達成! まさかここまで来れるとは…(笑

拍手

PR
2010.12.27
#536
ぐーぱん!(3)
■ データ
榛名まお
出版芳文社
レーベルまんがタイムKRコミックス
掲載誌まんがタイムきららMAX
■ 公式紹介文
鷲頭未理、高二。身長147cm。見た目はちっちゃくても、秘められたパワーは無限大!未理の予測不能な行動に「ちょ、おま…」とツッコまざるをえない!! 心の底からじわじわくる笑いをあなたに。完結の第3巻!!
■ キーワード
学園漫画、ちっちゃい子、ギャグ一直線
■ 評価(最大値は5)
ストーリー★☆☆☆☆
キャラ★★★★☆
テンション★★★☆☆
ギャグ★★★☆☆
恋愛☆☆☆☆☆

まんがタイムきららMAXの連載作品、第3巻。
これで完結…ですが、内容は最初からほとんど変わってません。勿論いい意味ですよ?(笑

<作品概要>
高校2年生の鷲頭未理は、小型軽量低性能、ついでに頭の中身もちょっと残念。
毎回危なっかしい言動で周りをハラハラさせるけど、ちっちゃくて可愛いなら問題ない!?
お調子者お嬢様の菜摘と色々謎な完璧超人の唄子も巻き込んで、今日も未理はは突っ走る!
いつも周りはしっちゃかめっちゃか、そんな楽しい毎日をご覧あれ。

●子供っぽくてもいいじゃない
魔法少女アニメが大好きだったり、昨日見たテレビ番組にすぐ影響されたり…と、未理の幼児化は今巻でもとどまるところを知らず。
作者自身も「主人公が激しく退化する話」と書いてるぐらいだし…。
しかもボケで言ってる訳じゃなくて、本人は大真面目で主張しているのが問題(笑
そんな未理のおバカっぷりも突き進むと、逆にかわいらしく感じられるんですよねぇ。
保護者的な意味…というか、小動物的な意味で、なのかも。

今巻では未理たち3人とは若干距離をおいていた、クラスメイトの赤城さん(金髪ツインテ&ツンデレ)も未理たちの仲間に。
未理のボケの被害を直接的に受けるという、相変わらず不遇な役どころですが…初期に比べると随分丸くなったものですw
菜摘お付きのメイドさんのユーコさんも相変わらず、一癖ある性格で菜摘お嬢様を困らせたり…。
サブキャラもいい味出してます。

拍手

2010.12.19
#535
東京!(1)
■ データ
カワハラ恋
出版芳文社
レーベルまんがタイムコミックス
掲載誌まんがホーム
■ キーワード
学園漫画、地元ネタ、擬人化ではない
■ 評価(最大値は5)
ストーリー★★☆☆☆
キャラ★★★★☆
テンション★★★☆☆
ギャグ★★☆☆☆
恋愛★☆☆☆☆

最近単行本紹介をサボり気味ですね…申し訳ないです。
今回は「KRコミックス」ではなく、「まんがタイムコミックス」の方からこの作品をご紹介します。
作者のカワハラ恋さんは、この作品以外にもLivedoorのデイリー4コマや、「神田はるか」名義での少女漫画など、多岐にわたって活躍中です。

<作品紹介>
東京全土から生徒たちが通学する高校「日本一学園」。
ここに通う生徒たちはなんと全員、苗字と最寄の駅名が同じ。
東京の外れ・八王子からはるばる電車通学する「八王子たま」は、入学して早速、友達を作ろうと意気込みますが…?
それぞれのキャラの地元ネタを織り込みつつ、たまとその仲間たちの学園生活をコミカルに描く作品です。

●東京は…意外に広い。
その名の通り生まれも育ちも八王子なたまは、東京都心部に住んでいる仲間たちとは性格も考え方もズレ気味。
友達に八王子に来てもらおう!と思っても、電車で片道460円かかると聞いて友達が及び腰になったり。
バレンタインで友達にチョコを渡そうと思っても、ずっと電車の中でチョコを持ってたせいで学校に着く頃には溶けてしまったり。
そんなちょっとした壁を感じながらも、たまは毎日健気に素直に、学園生活を楽しんでいます。

一口に東京といっても、場所が違えばキャラも様々。
東京は人のつながりに乏しいなんて言われますが、まだまだ捨てたもんじゃありません。

拍手

2010.11.22
#530
レンタルきゅーと(1)(2)
■ データ
白雪しおん
出版芳文社
レーベルまんがタイムKRコミックス
掲載誌まんがタイムきららMAX
■ 公式紹介文
人と動物の合成獣「ハーフペット」。可愛いハーフペットと過ごして、疲れた心を癒しましょう!というのがレンタルペットショップ「レンタル・キュート」のコンセプトなのですが…!? 一癖も二癖もある動物っ娘が大集合! 白雪しおんの贈る、ほのぼのファンタジー日記!!
■ キーワード
ケモノキャラ、日常生活、ほのぼの系
■ 評価(最大値は5)
ストーリー★★☆☆☆
キャラ★★★★☆
テンション★★★☆☆
ギャグ★★★☆☆
恋愛★☆☆☆☆

「まんがタイムきららMAX」からこの作品をご紹介。
今年連載終了した作品ですが、実は初掲載は2004年です。1巻ではその辺の歴史も垣間見れる…?

●ハーフペットといっしょ
人間と動物の合成種「ハーフペット」が、人間と共存するとある世界のお話。
そこに存在するレンタルペットショップ「レンタル・キュート」にも、うさ耳やネコミミ、鳥型など、様々なハーフペットが所属しています。
彼女たちのお仕事は、レンタルしてくれたお客様を、家事や遊びなど様々な方面でサポートすること。
…なのですが、個性的なハーフペットが勢揃いで、お店はいつもてんやわんや!?
毎回一癖ある「お客様」も加わり、1話完結でハーフペット達の日常を楽しく描きます。

●かわいい&楽しい、それが正義。
ハーフペット達は人間と同じ生活を送っていますが、動物の特性を反映してか、どのキャラもなかなか個性的。
オーソドックスな美少女系から、文字通りの「小動物」系、はたまたお姉さま方に人気のイケメンホスト系など、いろんな系統のキャラが揃っています。
個性派揃いのハーフペット達に店長(人間)は頭を悩ませますが、当の本人たちは(本能なのか)どこまでもお気楽。
かわいい絵柄でほのぼの日常、そして動物ならではのギャグの数々。
まさに萌え4コマの王道、かわいくてフリーダムな彼女たちから目が離せません!

拍手

2010.11.02
#527
ねこみみぴんぐす(2)
■ データ
まりも
出版芳文社
レーベルまんがタイムKRコミックス
掲載誌まんがタイムきららCarat
■ 公式紹介文
卓球部のねこみみ女子高生・小春ひよりは、なかなか試合に勝てないけど、いつもめげずに一生懸命!最初はひよりのみみにばかり注目していた仲間、ライバルたちもそんな彼女の姿勢に感化されて…。ねこみみ少女の奥にある真の魅力を描く青春ねこみみ4コマ、ついに最終巻!!
■ 評価(最大値は5)
ストーリー★★★★☆
キャラ★★★☆☆
テンション★★☆☆☆
ギャグ★★★☆☆
恋愛☆☆☆☆☆

「まんがタイムきららCarat」発・異色の「ねこみみ+卓球」4コマ。
1巻が出てから間もないように感じてしまいますが、あれから約1年の連載を経て、堂々の完結です。
巻数は少ないですが、内容は濃いですよ…!

●ねこみみ卓球少女、大会に出場!
卓球部のねこみみ少女・小春ひよりは、腕は未熟ながらも仲間達と一生懸命練習中。
そんなひより達は、練習の成果を試すべくついに県大会に出場することに!
並み居る強豪たちを相手に、ひより達は勝ち進むことができるのか?
ひよりと仲間たちの卓球にかける青春を、今巻も4コマという限られた空間の中で描き出します。

●ライバルとの戦い、そして…
今巻のストーリーのメインとも言えるのが、上でも挙げた県大会編。
大会で多くの(個性的な)ライバルが登場するのはスポーツ漫画の常ですが、そこはこの作品。
ライバル達もひよりのねこみみの誘惑には勝てないようで、試合の合間にねこみみを触りに行こうと乱心(?)することも…。
一方で、普通の4コマ漫画ではなかなか描かれないような、お互いの全力でのぶつかり合いを見られるのもこの作品らしい特徴。
最初はひよりの腕の未熟さを見下していたライバル達も、試合を通じてそのひたむきさを認めていく…という、いわば正統派の青春漫画らしい流れです。

きちんと萌え4コマでギャグを成立させながらも、根本に流れる熱さ、一生懸命ぶりは失われていない。
それは絵柄にも言えることで、緻密な線で描かれたシリアスな絵柄と、思い切りかわいくデフォルメされたギャグ絵がしっかり共存している。
それがこの作品の魅力なのだと、改めて感じさせられます。

拍手

2010.10.28
#522
三者三葉(8)
■ データ
荒井チェリー
出版芳文社
レーベルまんがタイムKRコミックス
掲載誌まんがタイムきらら
■ 公式紹介文
「まんがタイムきらら」のロングラン連載、待望の第8巻が登場!爆食娘・双葉、元お嬢様・葉子様、腹黒委員長・葉山ちゃんの仲良し三人組に加え、クラスメートで永遠の二番手ツンツン娘・西山さんや、親切心からひと言多い近藤さん、陰謀が大好物な葉子様家の元メイド・薗部、あらゆる意味での天然クラッシャー・葉子パパ…相変わらずゴーイングマイウェイな面子が、今巻でもマイペースに大騒ぎします!
■ 評価(最大値は5)
ストーリー★★★☆☆
キャラ★★★★☆
テンション★★★☆☆
ギャグ★★☆☆☆
恋愛★☆☆☆☆

「まんがタイムきらら」本誌で連載中のこの作品、KRコミックスでは初の第8巻へ突入。
末広がりの8巻ということで、今回はゲストで石見翔子さん、湖西晶さん、真田一輝さん、ざらさんも寄稿されている豪華仕様!
もちろん、本編も負けずに(奇々怪々な)イベント盛りだくさんです。

●再び、平穏(?)な日常が戻ってきて…
前巻では辻兄の葉山ちゃんへの告白、そして(秒殺での)失恋という一つのヤマ場を迎えたこの作品ですが、今巻ではその影響も全く無かったかのように、またいつも通りの日常生活が描かれていきます。
すっかり極貧生活が板についてきた葉子様に、相変わらず大飯喰らいの双葉、そしてもはや腹黒がデフォルトの葉山ちゃん。
山Gと薗部さんは懲りずに醜い争いを繰り広げるし、西山さんと近藤さんの凸凹コンビも何だかんだで頑張ってるし、辻兄は失恋のショックもすぐに忘れる楽天的な性格。
すっかりキャラの立ち位置は固定されたけれど、それでも毎回新たなイベントで楽しませてくれます。

●ナンバー2も忙しいのです!
上でも挙げましたが、今巻では西山さんと近藤さんのコンビの活躍が地味に増えています。
この2人、裏表紙でもメインを張ってくれています。
初期は葉山ちゃんに勝てないという理由で、嫌味なセリフを吐く(そして返り討ちにあう)役回りだった西山さん。
しかし、7巻で薗部さんの店で「メイド姿で」バイトしている姿を葉山ちゃんに見られてしまい、結果として葉山ちゃんと薗部さんに弱味を握られたような形に…。
そんなわけで今巻では、動揺具合がさらにアップした西山さんの姿がお楽しみいただけます。w

一方の近藤さんは、相変わらずのいらんこと言いで西山さんを窮地に追い込む役回り。
しかしその対象は西山さんに限定されず、あの薗部さんに向かっても無神経な物言いを…。
西山さんとは完全に力関係が逆転してます。恐ろしい娘です…!(笑

拍手

2010.09.28
#514
けいおん!(4)
■ データ
かきふらい
出版芳文社
レーベルまんがタイムKRコミックス
掲載誌まんがタイムきらら
■ 公式紹介文
いよいよ高校生活最後の学園祭を迎える唯たち軽音部。ライブの前にクラスの出し物では演劇をやることに。演目は澪と律で『ロミオとジュリエット』!最後のライブともども成功させることができるか!?そして唯たちの進路やいかに!?
■ 評価(最大値は5)
ストーリー★★★★☆
キャラ★★★★☆
テンション★★★☆☆
ギャグ★★★☆☆
恋愛☆☆☆☆☆

アニメ第2期本編も大好評のうちに終了し、残すは特別編の放送を残すのみとなった「けいおん!」。
主題歌がランキング入りを果たすなど、その人気は社会現象にまでなりましたが、原作の方も堂々の大団円です。
…さてアナタは、原作派? アニメ派? それとも両方派?

●残り少ない高校生活を…
この巻で描かれるのは、唯たち4人にとっては高校3年生の夏休み明けから、卒業に至るまでの期間。
その中で描かれる一大イベント、それが学園祭です。
高校最後のライブに対する、唯たち4人、そして唯一の下級生である梓、それぞれの意気込みが描かれます。

学園祭が終わるといよいよ大学入試…なのですが、そんな緊張感を微塵も感じさせないのが軽音部。
勉強しながら遊んだり、お茶会したり、といつも通りの風景が繰り広げられます。
いよいよ緊張の結果発表、そして感動の卒業式…。
軽音部の風景を、最後の一日まで描き切ります。

●最後まで笑顔で!
上でも書きましたけど、軽音部の面々は入試・卒業が近いからといって、特に雰囲気が変わるわけでもないんですよね。
「いつもどおりの」「軽音部らしい」のんびりまったりな毎日。それは卒業式のその日でさえ変わりません。
でもこの巻では以前に比べて、その様子がもっと丁寧に描かれているような気がします。
1年目、2年目はほぼ実時間に沿って連載されていたのですが、3年目は時間が2倍ぐらいゆっくり流れているわけなんです。
それがまた、読んでいる側にとっては「終わり」を予感させられるようで、ちょっとしんみり…。
一度しかない、かけがえのない高校生活。これがこの作品のひとつの主題なのでしょう。

長期連載、改めてお疲れ様でした!

拍手

2010.09.23
#513

せいなるめぐみ」と「未確認で進行形」の単行本第1巻発売を記念して、このblogでも参加してきたバナーキャンペーンですが、一通り時期が過ぎて作者の荒井チェリーさんから感謝のメールもいただいたので、これにて終了です。
皆様ありがとうございました!
そして10月には「三者三葉」の単行本8巻が…相変わらずの仕事量です。

バナーキャンペーン参加のお礼ということで、オリジナルの壁紙をいただきました。
聖ちゃんと小紅ちゃんの水着姿ですよ。眼福…!
こういうのに季節感なんて関係ないですよね!w
まぁ僕自身は、あまりデスクトップを表示しないので壁紙を使う意味がないのですが…。

拍手

カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
漫画紹介について
漫画紹介データベース
このサイトで紹介している漫画の一覧表。記事へのリンクあり。
テンプレートについて
漫画紹介で使用しているテンプレートについての解説。
Profile
Webmaster: あおいびと◆kLyLn7ACTY
(旧名: 青い快速)
email: moterjin(at)gmail.com

第2回2ch全板トーナメント・鉄道板選対の残党。
現実世界では何かを計算する方法を探している模様。でも難しい。
あとは鉄道とか音ゲーとかまんがタイムきららとかスーパーベルズとか…。
  √^~β
  ( ゚д゚)
  ,ノ ヽ ヽ
  > >
Twitter
自己主張
2010.11.10現在
<IIDX18 Resort Anthem>
 カードネーム: DJ R.AK2Y
 IIDX ID: 9126-2300
 段位: SP 九段 [88%]
<ポップン19 TUNE STREET>
 カードネーム: r.AKTY
 キャラ: ナズナ&スズナ(2P)
 ポプともID: 2256-1014-3206
<DDR X2>
 カードネーム: R.AK2Y
 DDRコード: 1108-5677
 ダンスドリル: SP LV11
pixiv
最新コメント
[10/02 紅玉国光]
[06/30 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[12/28 ---]
[09/28 koba]
[09/11  ]
[08/30 来島ゆう]
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 青い留置線・改 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]