忍者ブログ
どうやら漫画紹介blogになりつつあるという現実
2017.11.20
#
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.10.12
#136

10月14日は「鉄道の日」。
というわけで、今年も鉄オタフェス…もとい、鉄道フェスティバルがやってまいりました。
三連休の午前中にもかかわらず、日比谷公園は人でごった返しております。

今回のお目当てもやはり、スーパーベルズなどが出演するPRステージ。
…ですが、これは別の記事でまた書くことにして(カテゴリ分けの問題もあるしね)、ここではそれ以外の各企業ブースの感想をお届けしましょう!

年に一度の「鉄道の日」ということで、日比谷公園には全国から、JR・私鉄各社が趣向を凝らしたブースを設置してグッズを販売しています。
いろんな企業のブースを渡り歩いていると、各社の特徴が見えてきて面白かったりするのです。

JRひとつをとっても、各社でアピールしているものは全く異なり、
● 東日本 → 首都圏の路線図、発車メロディーなど
● 東海 → 無論、東海道新幹線
● 西日本 → 特徴的な車両の模型(Bトレとか)
● 北海道 → 雄大な風景写真
● 四国 → 旅情をそそる駅名
● 九州 → 先進的な車両の数々
…といった具合。
東日本のブースが一番人気なのは、やっぱり関東で開催されたイベントだからかな…?

私鉄各社も多種多様。
東京メトロは副都心線開業などに伴って交換された路線図などが沢山あるのか、中古グッズが大量に販売されていたようです。
当然、ブースにはお客さんの長蛇の列が。
この他、津軽鉄道や上田電鉄などの地方私鉄も、風景写真を用いたグッズや昔懐かしい硬券乗車券などを販売していました。
あと関西私鉄のブースは、やっぱり「商売魂」を感じるなぁ(笑
あ、でも京阪は周りとは違って、どことなく「はんなり」とした感じだったなぁ。

鉄道会社以外では、タイトーが新たに発売される「鉄道ゼミナール・私鉄編」のPRをしていたり、駅弁業者のNREは会場内で全国(主に東日本エリア)の駅弁を販売していたり、とこちらも様々。
時刻表でおなじみの交通新聞社は、中古のヘッドマークやサボ(列車の側面に掲出して、行き先を表示するアレ)を販売していました。
お値段は安いものでも1000円以上となかなか手は出ませんが、こういうのって買わずに見てるだけでも楽しいんだよなぁ。
売る側にとってはいい迷惑かもしれませんが(汗

久々に「鉄分」を補給できた一日でした。

今回の収穫、JR四国・難読駅名湯のみ。600円也。
JR四国はほぼ全て乗ったことがあることもあって、駅名を見るだけで風景が目に浮かぶようです(何

拍手

PR
コメント
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
漫画紹介について
漫画紹介データベース
このサイトで紹介している漫画の一覧表。記事へのリンクあり。
テンプレートについて
漫画紹介で使用しているテンプレートについての解説。
Profile
Webmaster: あおいびと◆kLyLn7ACTY
(旧名: 青い快速)
email: moterjin(at)gmail.com

第2回2ch全板トーナメント・鉄道板選対の残党。
現実世界では何かを計算する方法を探している模様。でも難しい。
あとは鉄道とか音ゲーとかまんがタイムきららとかスーパーベルズとか…。
  √^~β
  ( ゚д゚)
  ,ノ ヽ ヽ
  > >
Twitter
自己主張
2010.11.10現在
<IIDX18 Resort Anthem>
 カードネーム: DJ R.AK2Y
 IIDX ID: 9126-2300
 段位: SP 九段 [88%]
<ポップン19 TUNE STREET>
 カードネーム: r.AKTY
 キャラ: ナズナ&スズナ(2P)
 ポプともID: 2256-1014-3206
<DDR X2>
 カードネーム: R.AK2Y
 DDRコード: 1108-5677
 ダンスドリル: SP LV11
pixiv
最新コメント
[10/02 紅玉国光]
[06/30 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[12/28 ---]
[09/28 koba]
[09/11  ]
[08/30 来島ゆう]
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 青い留置線・改 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]