忍者ブログ
どうやら漫画紹介blogになりつつあるという現実
2017.04.24
#
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.12.18
#345

久々に大規模な遅延に巻き込まれました。

今朝9時過ぎ、新百合ヶ丘駅で信号トラブル(保安装置の故障)が発生。
その影響で小田急線のダイヤが大幅に乱れ、結局僕が新宿駅に着いたのは35分遅れ。
小田急は3分ぐらい遅れるのはよくあることですが、ここまで長時間待たされたのは久しぶりのことでした…。

今回の遅延は目に見えて「異常事態」と言うべき状況でした。
駅の発車案内板の時刻表示は消滅。(もうダイヤ通りに運転できないから)
快速急行が新百合ヶ丘から急行電車に変更。(通過駅に便宜を図るため)
さらに、新宿駅発の下り列車は各駅停車のみに…。(後述)
まさに異常事態。

ここまで遅れが波及した原因の一つは、小田急の線路の容量にあると思われます。
現在の小田急は和泉多摩川~梅ヶ丘間は複々線化されており、急行と各駅停車が並走できるように線路に余裕があります。
しかしその先、梅ヶ丘から新宿まではただの複線。
単純に考えてキャパシティが半分になるのです。文字通りの「ボトルネック」。
こればっかりは地理的要因が絡むので対処しようのないことですが…。

実際今回のダイヤ乱れでも、複々線区間を抜けてから、信号待ちで停止することがしばしばありました。
新宿駅のホームの数にも限界があるため、ホームに空きができるまで駅間で待たされる、ということも…。
流れをスムーズにするため、新宿発の全ての列車を、途中で待ち合わせが起こらないように各駅停車にしたというわけですね。
そのせいで、新宿駅の地上(急行)ホームは回送電車だけという異様な光景に…。

事故が起こらないようにする予防策はもちろん大事。
しかし、「事故が起こったときにどう収束させるか」というのも危機管理において重要です。
今回ははからずもその一端を垣間見ることができました。

皆様も、お出かけの際は少し余裕を持って。
これも危機管理の一環です(何

拍手

PR
コメント
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
#1 無題
小田急と言えば、遅れと混雑で「常時叩かれている」感が定着してしまった様ですが……。
昭和初期に、先進的な設備をもって開業し、長年、その「先行投資の余力」に安住して来た結果、とも言われますけれども、確かに、そろそろ「新宿駅全体をスルー化する」位の根源的な解決策(同社のみでは到底無理であり、文字通り国家レヴェルでの決断を要すると思われるが……)が必要かも知れません。(東急は目黒でそれをやり遂げ、渋谷で現に実行しつつある)
トラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
漫画紹介について
漫画紹介データベース
このサイトで紹介している漫画の一覧表。記事へのリンクあり。
テンプレートについて
漫画紹介で使用しているテンプレートについての解説。
Profile
Webmaster: あおいびと◆kLyLn7ACTY
(旧名: 青い快速)
email: moterjin(at)gmail.com

第2回2ch全板トーナメント・鉄道板選対の残党。
現実世界では何かを計算する方法を探している模様。でも難しい。
あとは鉄道とか音ゲーとかまんがタイムきららとかスーパーベルズとか…。
  √^~β
  ( ゚д゚)
  ,ノ ヽ ヽ
  > >
Twitter
自己主張
2010.11.10現在
<IIDX18 Resort Anthem>
 カードネーム: DJ R.AK2Y
 IIDX ID: 9126-2300
 段位: SP 九段 [88%]
<ポップン19 TUNE STREET>
 カードネーム: r.AKTY
 キャラ: ナズナ&スズナ(2P)
 ポプともID: 2256-1014-3206
<DDR X2>
 カードネーム: R.AK2Y
 DDRコード: 1108-5677
 ダンスドリル: SP LV11
pixiv
最新コメント
[10/02 紅玉国光]
[06/30 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[12/28 ---]
[09/28 koba]
[09/11  ]
[08/30 来島ゆう]
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 青い留置線・改 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]