忍者ブログ
どうやら漫画紹介blogになりつつあるという現実
2017.12.18
#
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.11.12
#309

※ 今回の記事にはグロテスクな内容が多分に含まれます。
お読みになる際は十分ご注意ください。

11月も半ば、秋真っ盛り。
秋といえば学園祭シーズンですね。

さて、学園祭が終わった後といえば「打ち上げ」をやるのが定番。
高校までの打ち上げと大学での打ち上げには、ひとつ重要な違いがあります。
それは「お酒が出るか出ないか」ということ(笑
高校生はお酒で盛り上がる、という訳にはいかないんですよ。未成年だし。
じゃあどうやって盛り上がるか、というと…。
今回はそんな若気の至りから始まったお話。

中高の頃の、僕の部活では(おそらくこういうことをやってた部活は結構あると思いますが)様々な飲み物を混ぜて飲ませる、という罰ゲームが定番でした。
コーラやサイダーなどのジュース系に始まり、紅茶や牛乳、さらには栄養ドリンク(このためにわざわざ買ってくるらしい)など多種多様なドリンクをミックス。
それをジャンケンなどに負けた人に飲ませる、という寸法です。
打ち上げのメイン(?)イベントとして、定番になっていました。

そんな感じで毎年行われていき、いつの間にか「飲み物以外のもの」まで混入されるようになりまして。
バナナとかヨーグルトとか、そんなのはまだ可愛いほうですよ。
一番ひどかったのは生卵が混入されていたとき。
口に含んだ瞬間、えもいわれぬ生臭さが口いっぱいに。
とりあえずいくらか飲んだのですが、その後が悲惨。
生卵のニオイってなかなか取れないんですよ…。
すぐに洗面所に駆け込み何度もうがいをしたものの、喉の奥に引っかかったあのニオイは取れず。
その後しばらく、「体の内から来る」ニオイにさいなまれていました…。

…とまぁ散々な思い出を書きましたが、こういう悪ノリ、僕は大好きなんです(笑
普段は割とおとなし目な性格なのですが、こういったイベントの場では一気にスイッチが入ってしまうみたいで。
上級生になる頃には僕も部の重要な役職についていたのですが、だからこそ、ということで自ら罰ゲームを志願したりもしました。
何も罰ゲームがないときでも、自分で飲み物を混ぜて飲んだこともあったかな…w

まぁそんな悪ノリが楽しかった時代も今は昔。
でもあの時の経験から言えば、「市販の飲み物だけを混ぜたものなら大抵いける」。
最近よく登場している「イロモノ系」飲料も、あの頃の死線をくぐってきた僕にとっては怖くないような気がするのです(笑

拍手

PR
コメント
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
漫画紹介について
漫画紹介データベース
このサイトで紹介している漫画の一覧表。記事へのリンクあり。
テンプレートについて
漫画紹介で使用しているテンプレートについての解説。
Profile
Webmaster: あおいびと◆kLyLn7ACTY
(旧名: 青い快速)
email: moterjin(at)gmail.com

第2回2ch全板トーナメント・鉄道板選対の残党。
現実世界では何かを計算する方法を探している模様。でも難しい。
あとは鉄道とか音ゲーとかまんがタイムきららとかスーパーベルズとか…。
  √^~β
  ( ゚д゚)
  ,ノ ヽ ヽ
  > >
Twitter
自己主張
2010.11.10現在
<IIDX18 Resort Anthem>
 カードネーム: DJ R.AK2Y
 IIDX ID: 9126-2300
 段位: SP 九段 [88%]
<ポップン19 TUNE STREET>
 カードネーム: r.AKTY
 キャラ: ナズナ&スズナ(2P)
 ポプともID: 2256-1014-3206
<DDR X2>
 カードネーム: R.AK2Y
 DDRコード: 1108-5677
 ダンスドリル: SP LV11
pixiv
最新コメント
[10/02 紅玉国光]
[06/30 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[01/16 紅玉国光]
[12/28 ---]
[09/28 koba]
[09/11  ]
[08/30 来島ゆう]
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 青い留置線・改 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]